PLASTIC BOTTLES from TAIWAN by MIYUKI INOUE
56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b 56b060e3ef337788af001a2b

PLASTIC BOTTLES from TAIWAN by MIYUKI INOUE

¥600 税込

送料についてはこちら

………………………………………………… SOUVENIR ITEMS □XIEXIEのお茶ボトル XIEXIEで購入。(H23㎝×Φ5㎝) 井上美幸さんの選んだ他の商品 http://safari-store.net/items/56b05cb3bfe24cc101001376 http://safari-store.net/items/56b05d57be6be3e4360019dd http://safari-store.net/items/56b0606cbe6be39f8c0017c6 ………………………………………………… ABOUT TRAVELLER 井上美幸・編集者 京阪神エルマガジン社勤務。深夜放送の台湾ドラマで台湾アイドルにハマったことをきっかけに台湾を訪れるようになり、取材でも数回渡台。また、北京のヘンテコバンドにもハマり、日常生活が現地文化にかぶれ気味。 http://inomiyu.blogspot.jp/ ▶︎行先 : 台湾・台北。 台湾は15回目。 ▶︎目的 : 目的は特になし。台湾にいる、という状況だけで一旦満足。 ………………………………………………… ABOUT SOUVENIR ▶︎セレクトの理由 □XIEXIEのお茶ボトル ペットボトルよりもかなり立派なボトル。茶葉のセットは高くて手が出ないけど、これなら買えた。キャップが絶妙な色み。 台湾は人口比率に対する出版点数が世界屈指。書店に並ぶ各国の翻訳雑誌や台湾独自の雑誌、あとは書籍など、眺めているだけでも面白い。印刷代がたぶん日本より安いので、かなり飛ばした装丁の本も多く、なのに安い。だからついつい買ってしまう。LCCの重量制限と戦いながらスーツケースに雑誌や本(そしてCD)を詰めています。 ………………………………………………… ABOUT TRAVEL ▶︎この旅でうけたインスピレーション 出版と全く関係ないけど、常々思うことは、台湾のアパート? マンション?の窓辺は、植物の在り方がすてき過ぎること。自分のベランダの台湾化を目論み中。 ▶︎現地で驚いたこと・感心したこと とにもかくにもメシが大事で、メシを食べたかどうかを常に心配してくれること。なにを置いても時間になったらとにかくメシ。それは台湾だけでなく、中国、香港、共通しているように思います。 ▶︎現地のアートについて 美術館に若い子が本当に多くて感心する。入館料がとても安いし、写真撮影も許されている場合が多いからというのもおそらくその一因としてあるのでしょうが。 ▶︎現地のデザインについて すっごいおしゃれな店でも必ずなにかしらの「ファンシー」が隠れているのが台湾というイメージ。 ▶︎行ってみたい方へアドバイス あんまり計画を立てすぎず、気になった店に入り、路地をぶらぶらするだけでも存分に楽しめるかと思います。 ▶︎想い出の一枚 台湾はとにかく鮮やかな花の塊に心惹かれます。 ※すべての商品には、旅人の思い出を綴ったメモリーシートと、心に残った写真が付属します。(写真はイメージです) ※このプロジェクトの商品はすべて未使用品ですが「お土産」「国外生産品」という特性上、汚れや傷みのあるもの、匂いが付いているものがあります。旅の思い出の一部で楽しんでいただきたいと考えておりますので、これらの理由での返品はご遠慮いただいております。 SOUVENIR PROJECT STORE とは SAAが企画した、旅人30名の旅の思い出を販売する「世界のお土産ストア」です。個性豊かな旅人の視点で世界各国の「SOUVENIR(お土産/記念品)」を選び、持ち帰って頂き、旅の思い出を綴ったメモリーシートや、心に残った写真と共にそれらを販売。旅人達のパーソナルな体験から、世界の国や都市、文化やライフスタイルを感じてください。※このプロジェクトの売り上げの一部は、ネパール大地震・復興支援活動へ寄付いたします。旅人も、購入者もこのプロジェクトを通して募金活動に参加できます。 ▶︎プロジェクトに関する詳細について  http://saa-studio.com/tagged/SOUVENIR%20PROJECT ▶︎異文化に親しむ実験的スペース「SAA」について  http://saa-studio.com