SOUVENIR SET from CHINA by MIYUKI INOUE
56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302 56aa11972b34929ca5001302

SOUVENIR SET from CHINA by MIYUKI INOUE

¥900 税込

送料についてはこちら

………………………………………………… SOUVENIR ITEMS □ポスター&シール (ポスターには汚れがあります。) 798で購入 □北京地下鉄の切符 □福シート(おまけ) 井上美幸さんの選んだ他の商品 http://safari-store.net/items/56aa1598bfe24c1f1c0013e6 http://safari-store.net/items/56aa16423cd4829d520013b2 http://safari-store.net/items/56aa16c93cd4822d7c0000b4 http://safari-store.net/items/56aa14823cd4829d52001311 http://safari-store.net/items/56aa0e1d2b349221be0010df http://safari-store.net/items/56aa100a3cd4822134000fd4 ………………………………………………… ABOUT TRAVELLER 井上美幸・編集者 京阪神エルマガジン社勤務。深夜放送の台湾ドラマで台湾アイドルにハマったことをきっかけに台湾を訪れるようになり、取材でも数回渡台。また、北京のヘンテコバンドにもハマり、日常生活が現地文化にかぶれ気味。 http://inomiyu.blogspot.jp/ ▶︎行先 : 中華人民共和国・北京 3回目 ▶︎目的 : 開発がどんどん進んでいく中で、古き良き北京の街 並みや、その変化を見たい。あとは…花儿乐队(THE FL OWERS)と同じ空気を吸いたい。 ………………………………………………… ABOUT SOUVENIR ▶︎セレクトの理由 ポスター&シール:工場地帯がアートエリアとなった798。そこにあった雑貨店で購入。このレトロ感があえて良い、と考える若者が増えているらしく(2009年当時)、例えば胸にでっかく「中国」と書かれた昔ながらのジャージ(大張偉の「奋斗」MVにも登場)などもあって、私のお気に入りの一着となっている。 北京地下鉄の切符:2007年当時まだ1回ずつ紙製のチケットで発行されていた。今は完全にICカード化されているのでこの切符が使われることはもうない。ちなみに中国は地下鉄に乗るにもいちいち手荷物検査があって非常に面倒臭い。 北京は大都市ながらザッツ中国!な独特の感性と趣がある。 それは雑貨しかり、服しかり、バンドしかり。「国貨」と呼 ばれる、ともすれば古臭い感じもする、メイドインチャイナ になぜか惹かれてやみません。何周か回ってなんかしらんけ どかわいく見えてきませんか? ………………………………………………… ABOUT TRAVEL ▶︎この旅でうけたインスピレーション 自分がかわいい、好き、と思えるものなら、人が二度見する ような多少奇抜な服でも着たら良い!「我要的就是范儿(by 大張偉)」 ▶︎現地で驚いたこと・感心したこと 地方にまだ残る、噂に聞いたドアなし溝のみトイレ。観光地の 水洗トイレでもドアだけはない、というパターンもあり。トイ レットペーパーがないことが多いので、食事の時に出される紙 ナプキンはもれなくゲットすべし、と学んだ。 もう一つ、中国人は(今はだいぶんましだけど以前は)無愛想 な人が多くて、私が道をたずねたときも面倒くさがられて断ら れることも多々、な感じだのに、日本人の癖でちょっとしたこ とでも「謝謝(ありがとう)」と言うと、そのたびに仏頂面で もきちんと「不客気(どういたしまして)」と返してくれる、 これはとてもいいなと思った。 ▶︎現地の食べものについて 中国の「食」はとかく物議を醸しがちだけれども、私の数少ない海外渡航経験から判定するに中国はやっぱりダントツに料理がおいしい。外れが少ない。北京の水餃子とか、めちゃくちゃ安くて(もはや材料がなにかは問わないでおく)めちゃくちゃ旨い。(今はそんな店はかなり減ってしまったらしいが。)ただ、残念なのは白ご飯が冷たい、硬い、パラパラ(これは米の品種の問題)と、まずいことが多いこと。料理をあんなに頑張れるなら、白飯ももうちょっとこだわればいいのに。激うまの料理で、かっこむご飯が絶望的にまずいという、白飯食いにはちょっとつらい国でもある。 ▶︎行ってみたい方へアドバイス 昔ながらの路地=胡同(フートン)が開発でどんどんなくなっているので、あるうちに見て回ってください。季節は少し涼しくなった(でも暖房を焚く=空気が悪くなる=ほど寒くもないぐらいの)秋に。 ▶︎想い出の一枚 798芸術区、胡同、北京で一番好きな風景。特にきんと冷え込む 晩秋の、グレーや茶色ベースのくすんだ色合いのもの悲しい感じがたまらない。 ※すべての商品には、旅人の思い出を綴ったメモリーシートと、心に残った写真が付属します。(写真はイメージです) ※このプロジェクトの商品はすべて未使用品ですが「お土産」「国外生産品」という特性上、汚れや傷みのあるもの、匂いが付いているものがあります。旅の思い出の一部で楽しんでいただきたいと考えておりますので、これらの理由での返品はご遠慮いただいております。 SOUVENIR PROJECT STORE とは SAAが企画した、旅人30名の旅の思い出を販売する「世界のお土産ストア」です。個性豊かな旅人の視点で世界各国の「SOUVENIR(お土産/記念品)」を選び、持ち帰って頂き、旅の思い出を綴ったメモリーシートや、心に残った写真と共にそれらを販売。旅人達のパーソナルな体験から、世界の国や都市、文化やライフスタイルを感じてください。※このプロジェクトの売り上げの一部は、ネパール大地震・復興支援活動へ寄付いたします。旅人も、購入者もこのプロジェクトを通して募金活動に参加できます。 ▶︎プロジェクトに関する詳細について  http://saa-studio.com/tagged/SOUVENIR%20PROJECT ▶︎異文化に親しむ実験的スペース「SAA」について  http://saa-studio.com