PEN from KOREA by ARISA MATSUO
56a9e5a73cd482dae000068b 56a9e5a73cd482dae000068b 56a9e5a73cd482dae000068b 56a9e5a73cd482dae000068b 56a9e5a73cd482dae000068b 56a9e5a73cd482dae000068b

PEN from KOREA by ARISA MATSUO

¥350 税込

送料についてはこちら

………………………………………………… SOUVENIR ITEMS □唐辛子ボールペン 見た目のインパクト。 仁寺洞にて購入。キャップ・裏面マグネット付。 松尾愛理紗さんの選んだ他の商品 http://safari-store.net/items/56a9e67cbe6be337b1000796 http://safari-store.net/items/56a9e76b3cd48247f40007c9 http://safari-store.net/items/56a76c822b34924b200007fc ………………………………………………… ABOUT TRAVELLER 松尾愛理紗・フリーランスライター 就職情報サイトの編集、ファッション雑誌の編集を経てフリーランスの編集・企画・ライターとして活動中。日本人と韓国人のハーフであることもあいまって、大の韓国好き。一番好きな韓国料理は、屋台のオモニが作るトッポギと釜山の屋台で売っているホットック(ひまわりの種がたくさん入っていて美味しい)。 ▶︎行先 : 大韓民国・ソウル。10回以上。 ▶︎目的 : ソウルの取材 ………………………………………………… ABOUT SOUVENIR ▶︎セレクトの理由 渡韓するたびに、次から次へと高層ビルや斬新な建築物が増え続ける韓国。と同時に、昔の良さや文化が薄れつつあるのも事実であるということを聞きました。SOUVENIRを通して、韓国の文化が伝わるもの、現代のもの、の両側面をお届けできればと想い選びました。 ………………………………………………… ABOUT TRAVEL ▶︎この旅でうけたインスピレーション 市場に並んでいる食材や、オモニの服装、食事。全ての色使いが特徴的だと感じました。 ▶︎現地で驚いたこと・感心したこと 食事も、伝統衣装も、彩りを重視しているという点において感心しました。 ▶︎現地の食べものについて とにかくボリュームが多い。噛み応えのあるものばかりなので、少し食べただけでお腹がふくれる。彩りはとても綺麗で「五味五色五法(五味(甘、辛、酸、苦、塩)五色(赤、緑、黄、白、黒)五法(焼く、煮る、蒸す、炒める、生)」が理想とされています。 ▶︎現地のファッションについて 若者のファッションは、アイテムのあわせも色味もシンプル。重ね着などはあまりせず、最小限のアイテムを纏っています。年配の女性は、パンチパーマに派手色のトップス、派手色のボトムスを合わせている人が多いです。 ▶︎行ってみたい方へアドバイス 有名な観光地はもちろんですが、現地の人が生活しているエリア(市場や食堂)にも足を運んでみてほしいです。 また屋台などの食事もおすすめですが、昔ながらの伝統料理が味わえるお店に行くのも、新しい発見があって楽しいと思います。(辛いだけが韓国料理ではないということを発見できますよ) ▶︎想い出の一枚 市場の餃子屋さんのオモニたち。ここの餃子が大きくて、ニラと豆腐と春雨が入ってて絶品だったんですよ。エプロンに書いている「Smile Together」がいいかんじ! ※すべての商品には、旅人の思い出を綴ったメモリーシートと、心に残った写真が付属します。(写真はイメージです) ※このプロジェクトの商品はすべて未使用品ですが「お土産」「国外生産品」という特性上、汚れや傷みのあるもの、匂いが付いているものがあります。旅の思い出の一部で楽しんでいただきたいと考えておりますので、これらの理由での返品はご遠慮いただいております。 SOUVENIR PROJECT STORE とは SAAが企画した、旅人30名の旅の思い出を販売する「世界のお土産ストア」です。個性豊かな旅人の視点で世界各国の「SOUVENIR(お土産/記念品)」を選び、持ち帰って頂き、旅の思い出を綴ったメモリーシートや、心に残った写真と共にそれらを販売。旅人達のパーソナルな体験から、世界の国や都市、文化やライフスタイルを感じてください。※このプロジェクトの売り上げの一部は、ネパール大地震・復興支援活動へ寄付いたします。旅人も、購入者もこのプロジェクトを通して募金活動に参加できます。 ▶︎プロジェクトに関する詳細について  http://saa-studio.com/tagged/SOUVENIR%20PROJECT ▶︎異文化に親しむ実験的スペース「SAA」について  http://saa-studio.com